UVカット水着

競泳選手を除いて、水着を着るのは夏が多くなります。屋内プールなら紫外線もそれほど気にせず済みますが、屋外プールや海の場合は、紫外線が気になります。肌が弱い人は紫外線対策が必要です。こういう時に便利なのがUVカット加工を施した水着です。最近はスクール水着にも、UVカット加工を施した水着が増えています。

スクール水着というと、男子はビキニパンツ、女子はワンピースですが、UVカット加工を施した水着は、シャツタイプになっているので、肌を覆う生地が多めです。下半身が繋がったスイムスーツタイプもあります。ただし学校によって規定の水着が違うので、肌が弱い人は相談が必要です。

プライベートで海やプールに行く場合は、肌を守るために日焼け止め以外に、UVカット加工を施した水着があると安心です。水着というより、ラッシュガードに近い印象です。シャツタイプは、海やプールだけでなく、屋外で長時間過ごす時にも使えます。肌を覆う部分が多いと、紫外線カット効果だけでなく、虫刺されやクラゲ対策にもなるというメリットがあります。紫外線が気なる人、日焼けをしたくない人、肌が弱い人は、水着の素材や形を選べば、海水浴やプールを思い切り楽しめます。